YOSHIE O.

ムサカに関する様々な情報をインターネットで検索して自分なりに必要な箇所を抜粋し、金田さんに作成して頂いたテンプレートに沿って作成しました。英語でインターネット検索をするのは初めてで、自然に英語に親しむことができました。今までの英語勉強法とは全く違う観点から英語と接していく渡辺先生の授業は大変興味深く、英語勉強法の革命だと感じました。自分が見つけ出したHPの中から内容が適格でかつ分かりやすいもの選択していくという過程では電子辞書を片手に内容を訳し自分の理解を深めました。HPの情報は生きた情報であり、言い回し方が日常的で大変勉強になりました。また、成果物として残せることに大変喜びを感じます。渡辺先生を始め、金田さんには深く感謝いたします。

2.ムサカ /  MUSAKA

Ichiko O.

HP作成などPCをあまり使ったことのない私にとっては全く始めての体験で不安もありましたが、クラスの方の協力によりとても良い作品が完成できたと思っています。インターネットを通して自分の興味のある料理や国を調べることで、英語はもとより世界の様々な事柄を学ぶことができました。又、HP作成においてPCの新たな使い方を知ることができ、私にとってとても貴重な体験になりました。

Yuko Kasahara

始めは戸惑いや混乱する場面もありましたが、インターネットを利用しクイズを作成するために、大まかな英文の内容を理解し重要な文章、単語を探していくという勉強方法は飽きずに『楽しくできる』と思いました。英語の勉強方法はたくさんありますが、私は英語の授業を始めて『楽しくできた』と思います。また、英語に対する嫌なイメージを変えられたと思います。

Mika Kaneda

プレッツェルについて今回色々と調べてみて初めて宗教的な意味合いやその渡来するまでの長い歴史に触れることができました。クイズ製作は、ごくシンプルなものでも解答の選択肢に曖昧さを残さないように作ることが想像以上に難しくてビックリしました。是非チャレンジしてみてください。そしてニューヨークに行かれたときはプレッツェルをトラディッショナルスタイルで味わってみてください。

S. Kino

ドイツから帰国して何年も経過し、現地での記憶もやや薄れかけていました。そこに今回の課題製作の話がもちあがりました。最近ご無沙汰となっていたドイツ語のウェブサイトを久々に見て回ったりなどもしましたが、自分にとってはドイツに滞在していた頃の思い出を再確認する非常に楽しい作業となりました。

Kimura

テーマを決める際、著者がもっとも興味のある飲茶を選んだ。興味があるからこそ英文のサイトを探し、それを翻訳することを楽しみながら行えたと思う。多くのサイトが存在するが、質のいいサイトを探すことが重要であると感じた。飲茶については、本文のみでは説明不十分であるため、実際に現地で体験してもらいたい。

7.飲茶 / Chinese Yumcha

Ichiro S.

授業は大変勉強になりました。なぜなら、他の皆さんのアイデアや考え方を知ることができたからです。私自身は分からない部分が多く、その都度助けられました。おかげさまで専門知識が身につきました。他の授業では、ないことだと思います。後期もぜひ、このような授業を取り入れて頂くと、ありがたく存じます。

8.ピザ /  America Pizza

Sasakun

今回、本授業においてホームページを作ってみての感想は、[初めての経験]が多くできた。作るのはもちろん、HTMLでのクイズ作成や英作文の作成など、どれをとっても初めての経験ばかりで初めは戸惑った。先生、金田さんのサポートによってクリアしていくことができた。その段階で少しずつ成長している自分を確認できた。後期からも習得したスキルを生かして授業に取り組んでいきたい。

9.シードル /  Cidre

terurur

今回、授業に於いてwebページの作成をすることとなった。初めは、慣れないパソコンでの作業に戸惑いもしたけれど、各人が担当するページを割り振られ、一人一人が責任を持って取り組めたのが大きな成果だと思う。また、今回の作業を通して、いままで触れることのなかった異文化についての興味・理解を深められたのも大きな経験になったと思う。

Junpei Sugiyama

HPを作成するといった方法で英語の勉強をしたことがなかったので自分にできるか不安だったのですが、始めると知識を広げている事や深めている事に気付き不安より好奇心が先行していました。完成に近づくにつれもっと良くしていきたい、閲覧者にわかり易く伝えたいといった開始当初では考える余裕もなかったような事まで考えていて自分が成長していると感じました。楽しく、自分の能力を伸ばす事ができたと感じられる授業を行って頂きとても感謝しています。

Toshio Takahashi

最初にインターネットについて説明を聞いたが、正直何を説明しているか理解不明でした。実は、パソコン・インターネットの知識が全く無く、パソコン音痴です。入力も人の2〜4倍かかり、大変苦労しました。しかし、周りの人達に教えて頂き何とか課題作業しています。何とか操作を理解し、課題提出できる様頑張ります。

12.わんこ蕎麦 /  Wanko-Soba

Tommy

私は、これまでビールの知識を追究して得ようと思ったことはありませんでしたが、題材を考えているとき、なぜか最初にドイツのビールが頭の中に浮かびました。深く知らない事柄について、英語から調べるのは初めての経験でした。英単語を覚えながら新しい知識を増やし、ページを作成していく勉強方法に楽しみを覚えました。

Yuko Toyoshima

今回、マクドナルドが世界各国で受け入れられている理由を探ることにした。ポイントは二つある。まず、一つ目が、業には業に従えの精神があった。また、さらに同社はインドに積極的な技術推進を図る。このように、相手の文化に配慮し、かつ相手の文化の発展に寄与する態度をとっている。今回、マクドナルドを切り口にインドの文化さらにはマクドナルドの戦略が垣間見ることができた。

Koji Yanoma

正直最初は、ホームページをつくって英語の授業になるのか不安であった。しかし、授業が進むにつれて、この作業がおもしろく感じるようになっていった。大学の授業では、教授が一方的に講義していく内容だったので、みんなで何かを作り上げるということはなかった。社会人であるクラスの方々と一緒にホームページ作成の授業をしていて、英語にとどまらず、多くのことを学べているように感じる。今後もがんばってホームページを良いものにしていきたいと思う。

Tomoko Y.

私は今まで英語を避けていましたが、英語が嫌いだからではなく、教科書の英文に興味が持てなかったからなのかもしれません。授業中はネットからの情報収集が必須ですが、日本語だけで探すより、日本語+英語で探した方がはるかに多くの情報を集められ、英文を見ることに躊躇しなくなりました。英語を学ぶと同時に多くの経験が出来て、本当に良かったと思います。

16.イーサン / Isan

Aoyama Gakuin College of Economics students entering from the work force Present

世界の料理 the world Food

製作メンバーより

Tomoko Ishiwata

前期の授業を受けこのような形式での進め方は始めてであつた。インターネットからの生の英語を大量に触れる事により、教科書での学びよりも楽しく取り組めた。また、仕事でパソコンを使うことがなく、まったく扱えなかったので、この授業でパソコンに取り組むきっかけが出来た。

www.shejapan.com に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2006 SheJapan.com. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.